JP / 足跡

Image
"The Legacy Of Genghis Khan"

Live On Stage – Simply The Best – Better Than The Rest!

The Legacy seamlessly continues Dschinghis Khan’s success story from the early 80s and they now take to the stage as Dschinghis Khan’s back-up band as well.

"The golden hordes surrounding Genghis Khan have added a few good knights to their number."

歌に伴う説得力のある視覚表現と大掛かりな振付けはDschinghis Khanのどの演奏にも重要で、トレードマークにもなっています。そして、それは今もそのままです!オリジナルメンバーのウォルフガング・ハイヒェル、ヘンリエッテ・シュトローベルエディナ・ポップをステージで歌とダンスの両方でサポートしたGenghis Khanの遺産」のメンバーは、有名な音楽タレントの養成大学出身者達でした。これらの国際的なダンサーと歌手達はその踊りとアクロバットによってステージ上に素晴らしいモンゴル時代を再現しました。グループは若く才能ある優秀なダンサー、クラウス・クーパライトを振付師に選び、彼がグループのミュージカルGenghis Khanの遺産」のダンスの演出をしました。

ImageImageImage
ImageImageImage
 Image 

「ジンギスカンの遺産」の中の登場人物を見ると、このショーの演出の概要が分かります。

最初にあげられるのは「戦斧」の異名をもつEltuyaでしょう。彼女はワイルドな戦士でカンの娘です。彼は息子が欲しかったのですが、娘を授かったのです。彼女は金色のモンゴルの戦斧を持って黒い雄馬またがります。その次はカンの息子Fürst Ögödeiです。彼は素晴らしいダンサーで、ステージをくまなく旋舞します。またIgeiもカンの息子で、彼は魅力的なモンゴルのダンディーで、戦士というよりはポップスターのような感じです。女性達みな彼が好きです。Prinzessin Ohlaは父親のお気に入りで、丁重にいすかごでステージ中を運ばれます。それから勇猛で混沌としたYassaがいます。彼は野性的な戦士で誰も彼の剣にはかないません。彼の戦闘仲間はCashで、ジンギスカンとの戦闘で唯一捕虜となり今では彼の味方となって戦う危険な黒人戦士です。この他に傑出している登場人物は、敏捷な刀の戦士Yesuganです。彼女は幼少の時ある村から連れ去られ、今はジンギスカンの側で戦う一人。彼女は見事な剣舞の達人です。